清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

シジュウカラ③

今日も時々小雨でほぼ曇りの日です。

今朝まで餌運びがひっきりなしに続いていましたが、昼過ぎに
帰って来て気にしてみましたが、親は全く来ません。
もう巣立ってしまった?と思いながら巣箱の下に近づくとヒナの声が聞こえています。
RIMG5598.jpg
今日の1時14分に撮った写真です。
もう緑がかったシジュウカラらしい色の背中が見えるのもいます。
まだ生え揃っていないのもみえています。
全部一緒に巣立つのか?

親が来ないのは巣立ちを促すため餌運びを控えめにしている?
かと思うのですがどうでしょう?

餌が貰えないのが分かっているのか、蓋を開いても誰も口を開けません。

巣立ちは明日かな?

2018/06/18  小雨時々曇り
スポンサーサイト
野鳥 | コメントする:0
∧top | under∨

シジュウカラ ②

シジュウカラの続きです。
朝5時半留守を確認してちょっと写真を撮らせてもらいました。

RIMG5525.jpg
口を開けているのが5羽、閉じているのが1羽・・・全部で6羽??

RIMG5531.jpg
口を開けているの2羽、閉じているのが5羽・・・全部で7羽??

RIMG5550.jpg
親は大忙し、スズメのいない時を見計らって、虫を運んで、糞を運び出し。

トリミングしてみました。毛もだいぶ生え揃い目も開きはじめている?
RIMG55500.jpg

たった2日でこんなに変わるんだ! 
アオムシやチョウみたいなのを、よくこんなにいるねって言うほど
運び込む。7羽育てる、大変だ!

あと3日もしたら巣立ってしまうかな?? 静かめですがヒナの声が良く聞こえます。

2018/06/17 曇り 寒い
野鳥 | コメントする:0
∧top | under∨

子沢山?!

去年の12月ごろ自宅の庭(雨樋のタテの所)竪樋(たてどいと言うんだそうです)
にシジュウカラ用の巣箱を取り付けてみました。

5月16日にコケを運びこんでいるのを見たのですが
それから1週間くらいしたらすっかり静かになってしまっていたので
もう何も入っていないんだと思っていました。
ところが今月初めごろから時々入って行くシジュウカラを見ることが
ありました。
ここ4.5日は虫を咥えて入って行ったり、糞を咥えて出てくるので
もしかして孵っている?と思い今朝2羽とも出て行ったのを確認し
ササッと中を見させてもらいました。

RIMG5508.jpg

RIMG5522.jpg

巣はコケとシカの毛?体に当たる所はイヌの毛??

高い所なので直接は見られないのでデジカメを上から適当にかざし
撮ってみたのですが証拠写真は撮れています。
全部で5羽のようです。

近づくとチチチと言うようなかすかな小さな声が聞こえます。
親鳥も何にも鳴かずに出入りしています。

初めてのことなので分からなかった。
ツバメみたいに騒がしいのかと思っていました。

スズメは入れないのに3.4羽でちょっかいを出しに来ます。
そのたびシジュウカラは
警戒?戦い?どっかに行け!のジャカジャカと言うような声を出します。

後1週間から10日くらいで巣立ちかな?? 無事に育つといいな。

2018/06/15 小雨時々雨
野鳥 | コメントする:0
∧top | under∨

フジキ速報

今日の清川自然観察は丹沢の本谷林道に行きました。

RIMG5385.jpg
林道に入ってしばらくした辺りの本谷川の流れ
青がとってもきれいなので名づけましたよ!「本谷ブルー」

日蔭は涼しく快適に歩けました。


帰りに宮ヶ瀬のフジキを見に行きました。
RIMG54777.jpg

RIMG5454.jpg

RIMG5422.jpg

RIMG5470.jpg

八分咲きほどでしょうか、今が見頃です。
去年は8年ぶりに当たり年でした。ですから今年はハズレ年と思っていたのですが
あちこちで良く咲いています。
そしてとても早いです。例年より2週間は早いですね。

フジキ速報でした。

2018/06/08 晴れ
樹木 | コメントする:0
∧top | under∨

瑠璃色の茸

1日に半谷林道に行った時仲間のHさんが「青いキノコがある!」
と見つけてくれました。 
特に中央のは真ん中がへこんでいるので、まるで青い陶器の小皿ようです。
クヌギやヤシャブシのある雑木林の地面から直接生えています。
RIMG52844.jpg
渦巻状の模様もあり特に若いキノコは色もきれい。

キノコを調べる時は裏の様子も大事よね、と思い後ろからも写しました。
RIMG5292.jpg
シイタケのようにひだがあり「つば」ありません。
全部で4個しかないのでこれ以上、例えば抜いてみたり傷を付けて
みたりはしませんでした。

帰り道にもう一度見ようとしたのですが、見つかりませんでした。
気付かずに過ぎてしまったのだろうとその時は軽く思いました。

今日、キノコに興味のある孫6歳が来たのでもう一度一緒に見に行きました。
ところがどんなに真剣に見てもありません。
アナグマ?イノシシ?が掘ったような跡がずっとありました。食べられてしまった??
もう1日の午後には食べられてしまっていたのだと思います。

名前ですが、「山渓カラー名鑑 日本のきのこ」を端からずっと見て調べました。
「ルリハツタケ」というベニタケ科の食べられるキノコのようです。
まれに見られるそうで、夏から秋に出ると書かれているので雨が降ったら見に行こう。
カサのごみもはらってあげてきれいに撮りたかったな。
傷付けると藍色の汁が出るそうで、どうせ食べられてしまうのだったら
ためしてみたかったな   また出会えますように!!

2018/06/01晴れ

キノコ | コメントする:0
∧top | under∨
| 清川村の自然観察日記 | NEXT