清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

葉っぱの真ん中に

これ何の実でしょう?
湿り気のある雑木林や林縁に普通に見られます。高さ1~3mの落葉低木です。

クリックで拡大

クリックで拡大
葉の上に1つずつ付いています。


これは雄花ですが、花は4月中頃咲きます。
花 クリックで拡大

葉の真ん中に付いた花を筏に見立てました。
名前はハナイカダ(花筏、ミズキ科)です。

実の大きさは直径1㌢にも満たない小さな物です。
あと一か月もすれば黒く熟しますが、渋くてまずいそうです。


2011/07/05 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:2
∧top | under∨
<<夏の花 | 清川村の自然観察日記 | 今日のともえちゃん>>

この記事のコメント

面白いですね~、ハナイカダ。
なぜこう進化(?)したか、理由が知りたいですね。

葉っぱ一枚に実が一つというのも何か意味があるのかも。
やっぱ不思議だ。

湯河原にもあるのだろうか?
2011-07-06 Wed 05:05 | URL | take #TY.N/4k.[ 内容変更] | top↑
taka様

湯河原にもあるみたいですよ。
目につくようになったらたくさん見つかると思います。

40年以上前、高校の生物部で先生に教えて
もらって驚いたのを今でもはっきり覚えています。

2011-07-06 Wed 08:24 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |