清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ふわりと!

村の観察会2回目です。前回とは反対周りで湖の周辺を歩きました。

水くみ場では今年もミゾホオズキが健在
ミゾホオズキ クリックで拡大
萼に包まれた果実の様子がホオズキに似ているのでミゾホオズキという名前なのですが、
写真でホオズキを見つけられますか?


6月中旬に満開だったアワブキはもう実になっていました。
綿菓子のようにたくさん咲いていたのに数えるほどの実しか付いていません。
アワブキの実 クリックで拡大
秋に赤く熟します。

雨が降り始めたので、昨日のような雷雨になったら大変と急いで戻る途中、
林道脇にこんな物がふわりと落ちていました。
羽根図鑑で調べた所、クマタカの翼の羽根(初列風切羽)だと思うのですがどうですか??
軸の所(羽柄と言うそうですが)がストローのような太さです。
クマタカ羽根 クリックで拡大
長さは44cm、幅は6cmくらいありました。
思わず拾ってしまい落ちてる所の写真がないのが残念!
たまに見かけるクマタカですが今が換羽の時期なんでしょうかね。


2011/07/01 晴れのち曇り小雨
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
<<育て ゴーヤーマン! | 清川村の自然観察日記 | 気になるエノキ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |