清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ヨコグラノキ咲いてます

毎年、本谷林道まで見に行くヨコグラノキを、今年はもう少し簡単に
見られる所で見つけてあったので、今日様子を見に行ってきました。

葉が開くのが遅く、5月半ばにはまだ新芽(これで普通なのですが、
何だかグッタリした新芽なんですよ)なのに、もう咲いていました。

ヨコグラノキ クリックで拡大

見た目はどうってことないかもしれませんが、珍しい木なんです。

全国的にも珍しい木なのですが神奈川県では、清川村と津久井の
それも限られた場所でしか見られません。

ヨコグラノキ クリックで拡大

高知県の横倉山で見つかったので
ヨコグラノキ(横倉の木、クロウメモドキ科)という名前です。
この写真の木は2mくらいですが、10mくらいの木が本谷川沿いにたくさんあります。

ヨコグラノキ クリックで拡大ヨコグラノキ クリックで拡大
花の直径は約3mm、光っているのは雨です。


ヨコグラノキ クリックで拡大

ヨコグラノキもコクサギやサルスベリと同じように
右に2枚、左に2枚という珍しい葉のつき方です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジキもややほころびはじめていましたよ。数日後には咲き始めるでしょうね。
フジキ クリックで拡大
この木の花を双眼鏡で見ていて、自分の目をふし穴だって改めて思うことが
ありました。・・・・・気付かなかった・・・・・!それはまた次

2011/06/19 曇り時々小雨
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<コウモリの実 | 清川村の自然観察日記 | シダ・シダ・ムズカシダ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |