清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ドクベニタケ?

一昨日の続きです。

マツやモミの生える尾根に、目立つ赤いキノコが2.3本ありました。

生えている所の写真はないのですが、こんなキノコです。
そっと持ってきたのに大分壊れてしまいました。

図鑑を端から見ていったらドクベニタケ(極キノコ)らしいと分かりました。

図鑑の説明文と比べてください。
ドクベニタケ クリックで拡大

まんじゅう型から平らに開き中央がややくぼむ。
ドクベニタケ クリックで拡大

傘の表面ははがしやすくその下も赤みを帯びる。
ドクベニタケ クリックで拡大

柄はしわ状の縦線が入り内部は海綿状、肉は白くてもろい。
ドクベニタケ クリックで拡大

ここまでは図鑑の説明と全部合っています。
次に書かれていた「強い辛味がある」これは試す勇気がありませんでしたが
ドクベニタケだろうと判断しました。(違っていたら教えてください)

「赤くてもろくて表皮が剥ける」これがポイントかな
名前もぴったりなドクベニタケ、これなら覚えられるかもしれない。

2011/06/09 曇り
スポンサーサイト

キノコ | コメントする:0
∧top | under∨
<<やっとマツブサ | 清川村の自然観察日記 | まるでハチ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |