清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

サワシバ

朝から晴れたので、気になっている植物を見に、
本谷林道周辺に行ってきました。

まず昨日の続きのサワシバ(沢柴、カバノキ科)です。
サワシバ クリックで拡大
花穂はアカシデみたいに長いですが、パラパラしていません。

サワシバ果穂 クリックで拡大
果穂は長さ4~15cmで果苞が密生します
(ツヤツヤ髪の、整ったキューティクルのように見えませんか??)
葉の付け根も見てください。クマシデ、イヌシデ、アカシデと違ってくっきりハートです。
葉脈も付け根近くは急に平行ではなくなりこれも特徴です。

サワシバ果苞 クリックで拡大
果苞は長さ1.8~2.5cmで縁には不揃いな鋭い鋸歯

カバノキ科クマシデ属はこれで終わり、近いうちこの4種並べて撮ってみます。

本谷林道ではまだ蕾ですが、土山峠付近ではやっとエゴノキが満開でした。
エゴノキ クリックで拡大
今年はエゴノキも鈴なりですね。

気になっていた植物はハシリドコロなのですが、見てきましたよ!
あんなになっちゃうなんて明日に続く

2011/05/31 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ハシリドコロ | 清川村の自然観察日記 | イヌ・サルです。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |