清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

地味ながらも

長い間、花の時期を見落としていたヤマコウバシを、やっと今日見てきました。
4月10日の様子は→こちら

満開!ですよ。
ヤマコウバシ クリックで拡大
まだ枯葉も4.5枚残っていました。
うっかりすると、まだつぼみか、咲き終わりと思ってしまうほど、地味です。


でもちゃんと見ると、花びらのようなものも6枚あり、黄色の雄しべの
ような物も見えています。
ヤマコウバシ クリックで拡大

ヤマコウバシ クリックで拡大
クロモジアブラチャンは葉芽の外に花芽がありますが、
同じ仲間ですが、ヤマコウバシは一つの冬芽の中に、葉と花が入っていたのです。
咲きはじめた所を見ると、こうなってたのかって思いますよね。

谷太郎林道でヤマコウバシ見た後、土山峠で見た新緑
土山峠 クリックで拡大
緑って何種類あるんでしょうね。
写真の黄色っぽいのはイタヤカエデの花、緑はイヌブナの葉。

フデリンドウ クリックで拡大
太陽が顔を出したらフデリンドウも開きました。


2011/04/21 小雨後曇り時々晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<今年は豊作だといいね。 | 清川村の自然観察日記 | イズセンリョウ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |