清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

モクレイシ

自然環境保全センターで見たつぼみのモクレイシを1月19日に載せましたが、
やっと今日見てきました。

木は3m位の高さで右が雄株、左が雌株でした。
モクレイシ クリックで拡大
「モクレイシ」と名札も付いています。

雄株は満開でした。
モクレイシ クリックで拡大
白緑の小さな花ですが、爽やかな香りがしていました。


雌株はすっかり咲き終わりでした。
モクレイシ クリックで拡大


木の反対側に廻ったら実が付いているのを見つけました。
モクレイシ クリックで拡大
左側が残った果皮で右側は種子だそうです。

1月に来た時にしっかり見ていればもっとたくさんの実を見つけられたと
思います、残念!

モクレイシ(木茘枝、ニシキギ科)です。

改めて図鑑を見たら不思議な分布をしていることが分かりました。
房総半島南部、神奈川県、伊豆半島、伊豆諸島
ずっと飛んで九州(南部、五島列島)沖縄そして台湾だそうです。

1月19日のブログでニシキギ科をモクレイシ科と書いてしまってました。訂正します。

初めて見る花はそれがどんなに小さくても、やっぱりとっても嬉しいです!

2011/03/26曇り
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<心洗われる日 | 清川村の自然観察日記 | 今年のキクザキイチゲ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |