清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

春ですよ~

用事で通った厚木市飯山の田んぼの畦です。
ノボロギク、ナズナなども咲いていましたが、一番目立っていたのはホトケノザです。

ホトケノザ クリックで拡大
まだ咲きはじめですが、畦に一面です。

カラスノエンドウも茎が立ち上がり始め、いよいよ春本番ですね。
ホトケノザ クリックで拡大

ホトケノザ(仏の座、シソ科)とは仏様を安置している台座のことです。
茎をとり巻く2枚の葉のようすから台座(蓮華座)を連想してつけられた名前です。
(春の七草のホトケノザはコオニタビラコのことです。)


清川村は昨日あたりから、スギ花粉がものすごい勢いで飛んでいます。
お出かけの際には花粉の付きにくい服装でマスクも忘れずに!

2011/02/27 晴れ  「清川村の花図鑑」では17頁
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<スギ花粉 | 清川村の自然観察日記 | 100年前の・・・・>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |