清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ここにもツキノワグマ

寺鐘→白山→巡礼峠→清川カントリー→自宅と昨日歩きました。

白山から巡礼峠は最近「森林セラピーロード」に
なった影響か登山道と周辺は落ち葉一枚ないようにきれいに掃かれていました。
ヒルは減るかもしれないけど町の中の公園みたいで違和感がありました。

落ち葉の普通にある所と思って尾根道から100mほど入ってみたら
ここにもクマ棚がありました。
クリックで拡大
やはりコナラにできています。
手首くらいの太さの枝も数本折られて落ちていました。

10年くらい前まではクマ棚なんか見たことがなかったですが
こんなに簡単に見つかるってことはクマの数が増えてるんじゃないかなと
思いますが、どうでしょう。
(それとも昔は私が見ようとしてなかっただけかな?)

とても寒かったのですが、七沢に近い尾根道ではヤブツバキが
何本も満開でした。
クリックで拡大
登山道に落ち葉が無い様子も分かります?

畑に掘られたゴミ捨て用の穴に疥癬になってしまってるタヌキが
落ちてしまっていました。
クリックで拡大
外に出られるよう板を渡してあげてきたけどどうだったのかな?


新しく行ってみたい道がまた見つかってしまいました。
事故がないように探検が続けられますように!

見た鳥:メジロ、ヤマガラ、エナガ、ノスリ、ホオジロ、シジュウカラ、
シロハラ、フクロウ(見られて嬉しい!)、ヒヨドリ、マヒワ、ルリビタキ、ジョウビタキ、
カワラヒワ、コゲラ、キジバト、アオジ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
ツグミ、ガビチョウ、シメ、イカル、トビ、スズメ、ウグイス、ウソ(26種)

2011/01/29 晴れ時々曇り
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:4
∧top | under∨
<<また華厳山 | 清川村の自然観察日記 | 糞・フン・ふん~♪>>

この記事のコメント

新年会のときに見た枝の折れたコナラ、やはりすべてクマですね。
棚がなかったから、少し古いものなのでしょう。
人里近くですごい活動しているのがよくわかります。

フクロウよかったですね。
昼間巣から離れた森の中で鳴き声を聞いたことはありますが、このフクロウ何していたのだろ?

いまタヌキの皮膚病は日本中で見られるようですが、このぐらいの穴を登れないのは、衰弱しているから?
醜いお尻も世間に知ってもらうため出した方がいいかも。
2011-01-30 Sun 23:33 | URL | take隊員 #-[ 内容変更] | top↑
宮崎学著「となりのツキノワグマ」を最近読んだ所、
数は増えていると書かれています。
調べるためのユニークな装置などが出てきて面白い本でした。http://www.owlet.net/

フクロウの声を聞くのはいつも夜だけです。
何をしてたんでしょうね。
じっと止まっていたのですが、ペリットがあるかと思って電柱の下を見ましたが何もありませんでした。

人家近くで見るタヌキはいつもこんな状態のが多いですね。昨日見に行ったら板も片づけられていてタヌキもいませんでした。
2011-01-31 Mon 07:00 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
宮崎さんの本、野良こねこさんに借りて読みましたよ。まで机の上にあります。

隊長のブログをみて思ったのですが、タヌキの疥癬、ゴミ箱をあさるタヌキだからこそ、人間社会の何か悪いものが作用しているのじゃないのか、と気付きました。

なんだろ?
アトピーみたいなもののように思えますが・・・。


2011-01-31 Mon 10:08 | URL | take隊員 #-[ 内容変更] | top↑
ゴミ箱あさりが原因かもとは予想されますよね。
だとすると今は改善されたようですが、軽井沢なんかでは
クマのゴミ箱あさりが問題になっていましたよね。
大丈夫かなクマ。
2011-01-31 Mon 21:47 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |