清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

シオデ

八幡神社の土手の横を今日も通りました。
もう一度見るとタチツボスミレは10株近く咲いていました。
ポカポカで、石垣イチゴを作る土手みたいな感じなんですね。

今日見つけたのはシオデの実です。
シオデ クリックで拡大
花の時は全く気付きませんでした。(緑色の小さな花です)

葉はすっかり枯れています。熟しすぎなんでしょうか、シワシワですね。
シオデ クリックで拡大

実を2個もらってきました。
シオデ クリックで拡大
どんな種が入ってるかな?

大きくて茶色のが1個ずつかな?

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・ 

予想に反して、赤い種が3個入っていました。  ↓こちらは粃(しいな)でした。
シオデ クリックで拡大
意外な色の種ですね、もしかして何かの糞から、この種が見つかることがあるかな?
シオデの新芽は山菜として美味しいそうですから、この実も動物が食べているかも
しれないですよね。

シオデ(牛尾菜、ユリ科)  雌雄異株、巻きひげでからみつきます。

2010/12/23 晴れ 今日も暖か  「清川村の花図鑑」では67頁
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<たくさんのセンボンヤリ | 清川村の自然観察日記 | 八幡神社の土手>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |