清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

冬のイチゴ

フユイチゴの実が熟した頃かなと思って、白山に見に行って来ました。
フユイチゴ クリックで拡大
こんなに赤くなっていました。

フユイチゴの全体の様子です。葉の先が丸っこいです。
フユイチゴ クリックで拡大  フユイチゴ クリックで拡大 

こちらは良く似たミヤマフユイチゴです。
 ミヤマフユイチゴ クリックで拡大
葉の先がとがっています。

種の様子も調べてみましたが、そっくりでした。上がフユイチゴで下がミヤマフユイチゴです。
上・フユイチゴ 下・ミヤマフユイチゴ クリックで拡大
ミヤマの方が彫りが深くて腹側にまで筋が入って、やや大きいかな。
(これだけの数では分からないですけどね)

味はどちらもけっこう美味しかったです。 
つる性の常緑小低木で、やや湿った林縁や林内でたまに見られます。

2010/12/20 晴れ「清川村の花図鑑」では41頁
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:4
∧top | under∨
<<八幡神社の土手 | 清川村の自然観察日記 | 温度差>>

この記事のコメント

お早うございます。
フユイチゴはよく見かけますが、ミヤマフユイチゴは今まで知りませんでした。
見たことはあったのかもしれませんが・・。
今度は葉に気をつけて探してみようと思います。
茎に出来る綿菓子のような霜、最近あまり見られなくなりました。
昔は軒に氷柱も下がったのに最近では殆ど見ることが出来ません。
2010-12-21 Tue 08:00 | URL | やまぶどう #MEC55ixQ[ 内容変更] | top↑
タネの形状よくわかります。
このRubus属のタネはみなこの形状をしておりますね。
これから春にかけて、イタチやテンの糞のなかにキイチゴのタネが入っていたら、このフユイチゴかミヤマフユイチゴということになります。
しかし、現場ではフユかミヤマを区別するのは難しいかな?
2010-12-21 Tue 08:13 | URL | fukuda.fumio #-[ 内容変更] | top↑
fukuda様

私も見分け方を探しながら
生えている所も似ているので別に
区別しなくてもいいのかなと
思いました。

この前のイタチの糞の
黄色い小さい種はなんだったんでしょうね?
私はしっかりは見てないのですが、
もしかしてキブシ?


2010-12-21 Tue 21:58 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
やまぶどう様

ミヤマフユイチゴの方は茎に棘があるのが
多いです。
フユイチゴは茎に茶色っぽい短い毛が
ぎっしり生えていることが多いです。

シモバシラは去年は寒かったので
良く見られましたが、今年は
今のところまだまだです。
2010-12-21 Tue 22:04 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |