清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

やっと見られた

10日ほど前に行った時はまだほんの咲き始めだった
タニジャコウソウをもう一度見に行ってきました。

咲いてましたよ~♪ 

毎年見られる土手の上のはほぼ刈られてしまい残念なのですが
近くの草むらや残土の上にありました。
タニジャコウソウ クリックで拡大
清川村では見られませんがただのジャコウソウは花柄が短い(1cmくらい)のですが
こちらは3~4cmあります。草丈0.5~1mくらい
タニジャコウソウ クリックで拡大

下から覗き込むようにしないと花は見られません。
タニジャコウソウ クリックで拡大
上から見ただけでは通り過ぎてしまいそうでしょ。

あまりしゃがむとヤマビルが付きそうなので、ひっくり返してみました。
花は下面の方が色が淡いみたいです、葉も裏の方が白っぽく見えますね。
タニジャコウソウ クリックで拡大
タニジャコウソウ(谷麝香草、シソ科)

ジャコウの香りがするというのでこの名前なのですが
あまり好きじゃない臭いでした。(ジャコウの香りも私は知りませんが)
神奈川県でも見られる所は丹沢周辺、三浦半島、湯河原などです。

2010/09/26 晴れ 経ヶ岳周辺にて(ヤマビルたっぷり) 「清川村の花図鑑」には未掲載
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<レモンの香り | 清川村の自然観察日記 | 高嶺の花>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |