清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

タンザワイケマ

植物名にタンザワとつくとなんだか嬉しい。
その中の一つタンザワイケマ(丹沢いけま、ガガイモ科)を久しぶりに見ました。

タンザワイケマ クリックで拡大
崖から下がるように咲いています。

私は見たことがないのですが、イケマは花が反り返って咲くのだそうですが
こちらは開ききらない感じです。
タンザワイケマ クリックで拡大

よく似たのでコイケマというのがありますが、それはこんなに花柄が長くありません。
タンザワイケマ クリックで拡大

それでこの植物は「タンザワイケマ」という名前になりました。
タンザワイケマ クリックで拡大

アルカロイドを含み有毒なので鹿が食べず最近は増えていますが、
丹沢以外ではあまり見られないそうです。

白い毛糸玉のような花で香りもあり出会えると嬉しい花です。

(今年は草刈の回数が少ないのでちょっと嬉しい)このまま残ったら
面白い実も見られるのだけれど・・・。

湖の周りの林道にて

2010/07/06 曇り   
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ナガエオオカモメヅル | 清川村の自然観察日記 | 小さいヒルガオ?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |