清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

観察会

厚木植物会の仲間達と早戸川林道の三日月橋前後を歩きました。
4月21日に下見で歩いたアズサ(ミズメ、ヨグソミネバリ)がどんなになったか楽しみでした。
アズサ クリックで拡大
約1ヶ月まえの(ここをクリック)→アズサ花 4/21と比べてみてください。
雌花はしっかりと若い実になり(ツンと上を向いてる緑のです)、
雄花はまだ少し付いてもいますが下にたくさん落ちていました。
葉の表面の毛もすっかり落ちて大人の葉っぱの感じがします。

今日見たのは林道の崖下なので樹皮がはっきり見えませんが
昨日行った丹沢の山では大木がたくさんあり樹皮の写真も撮れました。
白っぽい木肌で皮が縦にむけてめくれています。
アズサ樹皮 クリックで拡大
写真の左上、皮がハゲてますが、ここはちょっと剥いで匂いをかがせてもらった所です。
樹皮もサロメチールの匂いがプンプンしてました。

さて、シカが皮を食べてしまったドクウツギもどんなになったか皆で見に行きました。
ドクウツギ クリックで拡大
雄花は花粉を飛ばしてしまい、雌花はもう若い実になっていました。

約1ヶ月まえのドクウツギ花 4/21 と比べると違いに驚きますよね。
あと1ヶ月もたつとこんなになります! でも猛毒ですよ! 試食なんてしないでね。

アズサの匂いを皆に嗅いでもらえたし、オオルリも見られたし、観察会って楽しいね!

2010/05/16 晴れ 爽やか
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<カマツカ | 清川村の自然観察日記 | 出会えて嬉しい>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |