清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

その後の霧氷

登山道の雪はこんなにあったのですが、
クリックで拡大


青空に映える霧氷はもっと高い所でないとダメみたいで、
仏果山ではほとんど溶けてしまっていました。
霧氷溶ける クリックで拡大
ツクバネウツギとモミに付いてたものです。
最後は透明な氷のようになるんですね。ま、これはこれできれい!
霧氷溶ける クリックで拡大
18日に降りてくる時はまだガッチリしてたので
まさか2日でこんなに溶けるとは思ってもいませんでした。
寒いようで暖かいんですね。

土山峠付近の水たまりにはヤマアカガエルの卵が2塊ありました。
ヤマアカガエル卵 クリックで拡大
もう春なんだね。

2010/02/20晴れ
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:2
∧top | under∨
<<雪山と春 | 清川村の自然観察日記 | 続 足跡 >>

この記事のコメント

もうカエルの卵ですか!

夜は冷えて水たまりは凍ってしまうでしょうに。
ヤマアカガエル、ですか。どんなのだろ。

すみません、メール再度お願いいたします。
2010-02-23 Tue 18:47 | URL | take隊員 #TY.N/4k.[ 内容変更] | top↑
メールは今再送しました。
今度は届くといいな。

ヤマアカガエルは晴れて暖かい日に
たくさん集まって産卵します。
その時キャララ~キャララ~とけたたましい
声がします。(養鶏場の声みたい)
見ようと近づくとピタッと鳴き止んでしまいますが。
親は産卵後又冬眠してしまうそうです。

細身で指くらいの長さの黒っぽいカエルです。
2010-02-23 Tue 21:43 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |