清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

無事育ちますように!

清川村の山は雪が残っているので厚木市の
七沢森林公園に行ってきました。

最近、自然観察を始めたIさんが「クヌギとコナラの見分け方を知りたい」
とのリクエスト
ちょうど両方混ざって生えている所があったので
木肌を見てもらって説明をしていると、、、、、。

クヌギ クリックで拡大
      これはクヌギの木肌

普段はサラッと見てしまうのですがじっくり見たお陰で
見つけました~!20年ぶりです。

龍角散トローチ? クリックで拡大

クリックしてみてください。見えますか?
緑のツブツブ塊1本の長さ2cmくらい
この木、全体で10箇所くらい付いていました。
日の当たる方向だけに付いています。
クヌギカメムシというカメムシの卵です。

近寄ってみると
孵化が始まってる? クリックで拡大

孵化が始まっているのでしょうか?
ネットで調べたら「白いのは触角」と書かれていました。

成虫になったら緑色のカメムシみたいです。
近くなので観察を続けますね、楽しみ!
付近には20本くらいクヌギがありましたが、
卵が産み付けられてるのはこの木だけでした。(たぶん)

2010/02/05 晴れ
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
<<初めて見た樫の木 | 清川村の自然観察日記 | 明治神宮の森>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |