清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

まだ咲いてます。

いつのまにか勝手に庭のあちこちに出た
ゲンノショウコ(現の証拠、フウロソウ科)がまだ咲いています。
ゲンノショウコ クリックで拡大
図鑑には関東周辺では白花のものが多いと書かれていますが、
10年くらい前からこの辺りでも赤いのをよく見ますよね。

実もたくさんできています。
左はこれから種が飛ぶもの、乾燥するとクルリンと反り返り、種子を投げ飛ばします。
右は飛んでしまったあと。(この形がお神輿の屋根に似ているというので
神輿草とも言われます)
ゲンノショウコ クリックで拡大

種を近くで見てみましょう。葉の上に乗せて撮りました。
ゲンノショウコ クリックで拡大
黒くてスベスベ、よく見ると白い線が入っていますね。

2009/12/14 曇り   「清川村の花図鑑」では81頁
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<赤い実コロコロ | 清川村の自然観察日記 | 暖かい一日>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |