清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

エビフライいかが

24日と30日に同じ道を歩いたのですが1度目には気づかなかった
発見もありました。

斜面のザレ道を歩かないで尾根を通ったらアカマツの下に
エビフライがたくさん落ちていました。
リス?が作ったエビフライ クリックで拡大
動物がマツボックリを食べた跡なのですが・・・これはネズミではなく
リスが作ったのでしょうか。

宮ヶ瀬尾根には青い石がたくさん落ちていました。
セラドン石 クリックで拡大
セラドン石 (グリーンタフ、緑色凝灰岩)
丹沢が南の海の海底だったころに、海底火山などから噴火したものが積もって、
長い間に緑色の石に変わってきたものだそうです。
今は標高700mだけど、何千万年前、何百万年前は海の底だったのね。

24日にはキッコウハグマの花をたくさん見ましたが、
シカ柵の中には咲いたあとが一面にありました。
キッコウハグマ クリックで拡大
咲いてる時見たらさぞかしきれいだった?それとも閉鎖花だったかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シラキの紅葉はさらに進んでいました。
シラキ クリックで拡大
花はこんなです→シラキの花(6月中ごろ)

3回4回と歩いたらもっと見つかるものがあるよね、きっと。

2009/10/30晴れ 辺室山周辺にて
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<高畑山へ | 清川村の自然観察日記 | マメガキ・ヤヤコシ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |