清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

マメガキ・ヤヤコシ

堤川林道で鈴なりになっていたマメガキ(24日も30日も見られました。)
リュウキュウマメガキ クリックで拡大 


こちらは半谷林道で見られたマメガキ(10/29)
リュウキュウマメガキ クリックで拡大
実は少なめですが葉はたくさん残っています。
高さ10mくらいの大木です。樹皮はこんなです。
リュウキュウマメガキ クリックで拡大
幹の模様がちょっと違いますが両方ともマメガキです。

マメガキと書きましたが、神奈川県植物誌によれば
リュウキュウマメガキ(別名シナノガキ)マメガキがあると書かれています。

ずっとどっちがどっちかハッキリしませんでした。
そこで半谷林道のを拾って調べてみました。
リュウキュウマメガキ クリックで拡大
リュウキュウマメガキ(別名シナノガキ)は葉柄が長く葉裏は緑白色で無毛。なんだそうです。
調べた結果、どちらのもリュウキュウマメガキ(琉球豆柿、カキノキ科)と分かりました。


更に山渓の「樹に咲く花」を見る、リュウキュウマメガキは種皮に
微細な流線状の模様がある、と書かれています。
リュウキュウマメガキ クリックで拡大
・・・この模様のことでしょうかね。

ヤヤコシイことに山渓の図鑑にはどちらの別名もシナノガキと書かれています。
みんなまとめてマメガキでも(ダメですか?)・・・・と思いながら
こだわってみました。

ただのマメガキはどこかで見つかったら調べてみますね。

2009/11/1   「清川村の花図鑑」には未掲載
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<エビフライいかが | 清川村の自然観察日記 | 楽しかったね!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |