清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

今年も会えたね!

きれいかどうか微妙ですが、なぜか気になる植物ってありますよね。
その中の一つ オオヒナノウスツボ
去年は10月1日に谷太郎林道に見に行ってます。

今年はオオヤマハコベのついでに法論堂林道に行ってきました。
これも見つけにくい花ですが、毎年同じ場所に咲くので一度見つければ簡単。

オオヒナノウスツボ クリックで拡大
後ろに見えているのは経ヶ岳です。

オオヒナノウスツボ クリックで拡大

草丈は50~100cmくらいですが花の直径は1cm弱、
花柄はがっしりとしていて、腺毛がたくさんあるんですね。

オオヒナノウスツボ クリックで拡大

雄しべは4個で葯が裂けて、花粉がたくさん見えています。
その間からつきでているのが雌しべ(花柱)です。

アリがたくさん来ていました。蜜が出てるんでしょうかね?

オオヒナノウスツボ クリックで拡大

オオヒナノウスツボ(大雛の臼壺、ゴマノハグサ科)

2009/9/28 晴れ  「清川村の花図鑑」では77頁
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<宮ヶ瀬 快晴 | 清川村の自然観察日記 | とても小さいハコベ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |