清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

うす~い葉っぱの

サンカクヅルのすぐ横にノササゲが咲いていました。

ノササゲ クリックで拡大

葉は3小葉からなり、裏面は白色を帯び、スッキリした形。

ノササゲ クリックで拡大

花は淡黄色で、長さ15~20mm。
萼は筒型で、萼片はほとんど目立ちません。

ノササゲ クリックで拡大

実もでき始めています。
熟すと、紫色のさやと白粉をかぶった黒紫の実になり、とてもきれい。

撮れたら載せますね。林縁で見られるつる植物です。

ノササゲ(野豇豆、マメ科)

2009/9/3曇り       「清川村の花図鑑」では63頁
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:2
∧top | under∨
<<大きな豆いっぱい | 清川村の自然観察日記 | 豊作の年かも?>>

この記事のコメント

ノササゲを一昨日、湯河原でも数箇所で咲いておりました。
「湯河原野生生物探検隊」の集まりがあり、鈴木さん御夫婦もいらしゃって林道を歩きを楽しみました。
夕方からは呑み会で終電となりました。
2009-09-07 Mon 08:00 | URL | fukuda fumio #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。

7月にホウライカズラという珍しい植物を
見るため初めて湯河原の山に行きました。

丹沢とは違う植物がたくさんあって驚きました。
今まで湯河原に山があるって全く知りませんでした。

トルコの植物も乾燥に耐え健気で可愛いですね。
2009-09-10 Thu 13:38 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |