清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

豊作の年かも?

昨日、法論堂林道に行ったついでに経ヶ岳の北側の林道(法華峰林道)に
行ってきました。

見たかった植物のタニジャコウソウはまだ蕾でしたが
他にも面白いものがありました。

ぶどうだね~ どうみてもぶどうだね~

サンカクヅル クリックで拡大
大きい実は1cm弱あります。

サンカクヅル(三角蔓、ブドウ科)
サンカクヅル クリックで拡大

名前のとおり三角の葉で、それと対生して巻きひげが出てからみます。

2年前黒く熟したのを試しに食べたら甘くて美味しかった。
今年もサルに見つからず残っていたら味見をさせてもらいたいな。

サンカクヅル クリックで拡大

クリックしてみてください、こんな感じで崖から何本も下がってました。
雌雄別種だそうで林道には何本か見られましたが、
実が付いているのはこれだけだったような気がします。

別名ギョウジャノミズ(行者の水)つるを切ると薄甘い樹液がしみだすんだそうです。

紅葉した葉も深みのある赤でとっても綺麗です。撮れたら載せますね。

2009/9/3 曇り 法華峰林道にて   「清川村の花図鑑」には未掲載
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<うす~い葉っぱの | 清川村の自然観察日記 | ベニバナボロギクのボロ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |