清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

今日は快晴

久しぶりにすっきりと晴れました。
清川幼稚園下の小鮎川から見た辺室山です。
小鮎川と辺室山 クリックで拡大

暑い中自宅から谷太郎林道まで歩きました。
ちょうど咲き始めているつる植物が崖から下がっていました。
ホドイモ クリックで拡大
ホドイモ(塊芋、マメ科)
土手の草むらなどでたまに見かけるだけの植物なので
会えてうれしいな。

ホドイモ クリックで拡大
まだ咲きはじめ、つぼみがいっぱいです。

ホドイモ クリックで拡大
マメ科特有の変わった形の花ですね。
図鑑を見ると
「曲がりくねっているのは竜骨弁
ピンクの小型の弁は翼弁、旗弁には緑色のすじが入る」
と書かれていました。

秋にはマメが付くようです。刈られなかったら見られるかな?
ホドイモのホドは塊のことで,地下に塊状の芋ができることからの名前です。

帰り道(12時頃)温度計を日向に出しながら歩いたら36度でした。

2009/7/26 快晴  「清川村の花図鑑」には未掲載
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ヨコグラノキその後 | 清川村の自然観察日記 | 海の続き>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |