清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

驚きがいっぱい

丹沢の動物を研究していらっしゃるグループと
宮ヶ瀬のハタチガ沢林道を歩きました。
いつも植物ばかり目に付くのですが今日は違います。

林道の終点近くで2頭のシカが道を横切りました。
いつもなら「アッ!鹿」で終わってしまうのですが
すぐに写真を撮れば間違いなくこれがシカの足跡と分かるんですね。
シカの足跡 クリックで拡大
画面の左から右に進んでいます。

終点ではこんな物が見つかりました。
アナグマの骨 クリックで拡大
アナグマの骨だそうです。骨盤、大腿骨、尻尾、足、足の指(でしたよね、、、?)
ウサギ(大きさはほぼ同じ)と比べるとずっしり重いんだそうです。


ここにもマルミノヤマゴボウがありました。
ゴボウと付くのだからそんな根なのかな?ということで
掘って見せていただきました。
マルミノヤマゴボウの根 クリックで拡大
ゴボウののような立派な根っこでした。皮を剥いたらまるでゴボウ!
マルミちゃんはこの後、ちゃんと植えておきました。

林道の縁はヤマビルがいっぱいでしたが、違った視点で歩くのは
楽しいなと思った一日でした。

2009/5/30  小雨うす曇      

スポンサーサイト

いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
<<気が弱い人は見ないでください! | 清川村の自然観察日記 | けっこう好きな花>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |