清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

目立たない花

胃腸薬になるキハダという木名前だけは聞いたことある
って人が多いのでは。

大木(10mくらいのをよく見ます)なので、花は簡単には見えないのですが、
今煤ヶ谷の「寺家の谷橋」の下で咲いているのでよく見えます。
雌雄異株なのですが、これは雄株です。

5月10日蕾でした。
オオバノキハダ クリックで拡大


5月15日 やや開き始めました。ハエやハチがたくさん来てきました。
オオバノキハダ クリックで拡大


5月21日満開です。長い雄しべと黄色の葯が目立っています。
花の直径5mmくらい、(クリックしてみてください、けっこうきれいかも)
オオバノキハダ クリックで拡大

数年前、台風で倒れたキハダの皮の内側を見たことが
ありますが、鮮黄色でとてもきれいでした。ちょっとなめたらとっても苦かったです。

雌株は、秋から冬に直径5mmくらいの黒い実がたくさん付き、目立ちます。

この木は葉裏の脈上に毛が多いので、
オオバノキハダ(大葉の黄肌、ミカン科)といいます。
沢沿いの林内で見られます。

胃腸薬の他、外用薬として打ち身ねんざに、効果があるそうです。

2009/5/21晴れ  「清川村の花図鑑」には未掲載
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:1
∧top | under∨
<<実の方が目立ちますが | 清川村の自然観察日記 | 似てるけど>>

この記事のコメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
dVd7xwaj
2009-05-21 Thu 23:28 | URL | hikaku #cJuqLt0I[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |