清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ピッタリの名前

ここ数年、激しく草刈されるのでこの土手で花を見たのは
久しぶりです。
タツナミソウ クリックで拡大
花が片側を向いて咲く様子を、寄せてくる波にみたて付いた名前です。
タツナミソウ(立浪草、シソ科)


1つの花の大きさは2cm、草丈40cmくらいです。
近くで見ると叫んでる?見ザル?のように見えませんか?
タツナミソウ クリックで拡大
まだつぼみもたくさんありました。
タツナミソウ クリックで拡大


煤ヶ谷郵便局のまえの土手で見たのですが、
他にもワレモコウやツリガネニンジンがたくさんありました。
手作業で、見分けながら刈ってもらえたら、
秋にも、とってもステキな土手になるんだけどね。
ワレモコウ クリックで拡大
ワレモコウ

ツリガネニンジン クリックで拡大
ツリガネニンジン

2009/5/10 晴れ   「清川村の花図鑑」では28頁

スポンサーサイト

山野草 | コメントする:2
∧top | under∨
<<あ~ 楽しかった! | 清川村の自然観察日記 | ギンリョウソウのかほり>>

この記事のコメント

ワレモコウ!
学生の時、クラスの植物に詳しい女子から教わった草本だ。
これもめったに見なくなったのは、ちょっと寂しい。
タツナミソウは半原越の経ヶ岳よりのところにたくさん咲いていましたね。
2009-05-11 Mon 15:36 | URL | fukuda fumio #b4U0L/LU[ 内容変更] | top↑
ツリガネニンジンは刈られることに強いらしく
5.6回刈られても小さいなりに晩秋に咲きますが
ワレモコウは毎年葉だけです。

ダーウインが来たでは去年の秋ごろ
ハチクマとクロスズメバチをやっていました。
でも確かに私も最近予告をみました。
アリも面白かったですよ。 

本谷には30.31日に向けヤマビル訓練に
行ったのです。
2009-05-11 Mon 19:39 | URL | やまぼうし #xRS1q4qQ[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |