清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

春の山歩き

乾燥続きも今日が最後かと思い、ヒルが出る前に
ダムサイトから高取山、仏果山に行ってきました。

さくら咲いたよ クリックで拡大
ヤマザクラが見ごろ、このトンネルを通り過ぎたら、登りが始まります。

ただのツクバネウツギは約一ヶ月後に咲きますが
オオツクバネウツギ(大衝羽根空木、スイカズラ科)が咲き始めていました。
オオツクバネウツギ クリックで拡大

清川村では山で稀に見られる落葉低木です。
枝先にツクバネウツギより大きい淡黄色の花が2個ずつつき、
5個の萼片のうち1個が小さいので区別できます。

オオツクバネウツギ クリックで拡大


動物のフンの横にウワミズザクラかと思われる
芽生えが固まって見られました。
去年のフンから芽生えたんでしょうかね。

フンと芽生え クリックで拡大


2009/4/13 晴れ(暑い)  「清川村の花図鑑」には未掲載

スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ウリカエデの雌花 | 清川村の自然観察日記 | カラスとスズメとそれから 続>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |