清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

続 マツグミ   

昨日のマツグミの続きです。
「種子の散布は、ヤドリギとまったく同じで、小鳥に食べられた種子は
粘液とともに糞として出され、それが木の枝について発芽する。」
と本に書かれています。どのくらい粘るのか試してみました。

マツグミ クリックすると大きな写真になります。
まだ未熟なのですがやや左寄りが種です。
この粘りでくっつくのね。

分かりにくいですが、マツグミがモミに付いてる様子です。
写真中央やや左上、楕円の葉がマツグミ(2008/1/16に別所の奥で撮った写真です)

マツグミ クリックすると大きな写真になります。

強風の後モミの木の下でよくマツグミの枝を拾いますが、
試しに枝を折ってみたら簡単にポキッと折れてしまいました。

来年こそ春の赤い実夏に咲く赤い花をはっきり見たいな~。
強風の後に行けばきっと落ちているのだけど・・・・
ヤ・ヤ○ビルが・・・・。

もしも運良く拾ったら写真載せますね。

2008/12/22 晴れ

スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<続 シモバシラ | 清川村の自然観察日記 | 強風の後に拾った珍しい物>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |