清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

村の耳かき

村の中の乾いた土手や山道の岩場で見られます。

センボンヤリ クリックすると写真は大きくなります。

センボンヤリ クリックすると写真は大きくなります。

センボンヤリ(千本槍、キク科)

4月22日にも春のセンボンヤリを紹介したのですが、様子が大分違います。

春は高さ10cmほどで花が咲きますが、
秋は花は開かずいきなり実になって高さ30cm~40cmくらいになります。


これは閉鎖花(へいさか)と言って、花の一部または全体が開かず、自家受粉してしまう現象なのです。
日本では、牧野富太郎博士により11科14属19種がリストアップされているそうです。

私はいつ見ても耳掻きのポニョポニョの所に見えます

写真は半谷林道で撮りましたが、別所の八幡神社の土手でも見られます。
お願い:見つけても見るだけ撮るだけ・・・どうぞよろしく!

2008/11/24  晴れ  「清川村の花図鑑」では86頁
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<初冬の辺室山 | 清川村の自然観察日記 | 休みだから>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |