清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

控えめな花火??

沢沿いで秋に目立つセリ科の花といえば10月8日に紹介したシラネセンキュウと
この花でしょう。

ヤマゼリ クリックすると写真は大きくなります。

ヤマゼリ(山芹、セリ科)

シラネセンキュウより、全体的に小振りに見えるのは
花の塊が小さめ(少なめ)で軸の長さが不ぞろいだからでしょうか。

ヤマゼリ クリックすると写真は大きくなります。

  写真をクリックし、大きくして見てくださると嬉しいです。
花びらの先が爪のように内側に曲がっているんですね。(凝った作り!)
それからアリのお腹って節に毛があるんですね。(知らなかった)

ヤマゼリ クリックすると写真は大きくなります。

写真は役場の上の道路脇で撮りました。
草刈されてますが一面のヤマゼリが爽やかに咲いています。

草丈は約30cm、(刈られなければ1m程) 
村内の湿った道端や土手で普通に見られます。

2008/10/12 晴れ 「清川村の花図鑑」では80頁

スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ダニにも気をつけなくちゃ! | 清川村の自然観察日記 | 実物はもっときれいなんです。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |