清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

ひっそり咲いてます。

久しぶりに大山に行きました。
土曜日ということもあるのでしょうが、さすがに大山、すごい人出で驚きました。

ホトトギス、シロヨメナ、マルバダケブキなど秋の花が見ごろでした。
一番印象に残ったのは小さいこれです。

センブリ クリックすると写真は大きくなります。

センブリ(千振、リンドウ科)
草丈10~20cm、花の直径1.5cmくらい。

昔から健胃薬として利用され、
千回振りだしても苦味がなくならないことからの名前です。

センブリ クリックすると写真は大きくなります。

花冠は深く5裂し、雄しべの葯が黒紫に目立ちます。
登山道の乾いた所で見られました。
清川村でも唐沢林道などで見られますが、花は1ヶ月後くらいです。

          山頂からの眺め
遠くの空に雲がかかり富士山は見えませんでした。
写真の中央、尖ったのが塔ノ岳

丹沢の山並み クリックすると写真は大きくなります。


2008/10/4  晴れ  大山にて 「清川村の花図鑑」には未掲載
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<日本のサルビア | 清川村の自然観察日記 | 名前も形も変わった花>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |