清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

名前の由来は極寒の日に

林道脇や林の木陰にシソの仲間の花が咲いています。

シモバシラ クリックすると写真は大きくなります。

シモバシラ(霜柱、シソ科)

シモバシラ クリックすると写真は大きくなります。

草丈は40~90cm、花の大きさ7mmくらい。
葉は対生し真っ白な花は一方向を向いて咲きます。

雄しべと雌しべは長くとても目立ちます。

シモバシラ クリックすると写真は大きくなります。

なぜシモバシラという名前かというと・・・・
冬の寒~~い日にその現象が見られます。写真に撮れたら載せますね。

2008/9/27 晴れ  「清川村の花図鑑}では78頁
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<見直しました! | 清川村の自然観察日記 | すっかり秋めいて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |