FC2ブログ

清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

冬の経ヶ岳

18日の清川自然観察は、半原越→経ヶ岳→法華峰林道→半原越に行ってきました。

初めて経ヶ岳に登った人もいたので、山頂手前の「経石」をしっかり見ました。
RIMG8247.jpg

南側に廻って、弘法大師が経文を納めたと言われる穴を確認。
RIMG8244.jpg

そこから山頂はすぐです。
大山から焼山まで丹沢の山並がハッキリ見えました。
RIMG8251.jpg

法華峰林道へ降りる登山道からは、房総半島、江の島、高尾山、スカイツリーなど
もしっかりと見えました。

法華峰林道の日だまりではオニシバリが満開でした。
RIMG8258.jpg

人にはたくさん会いましたが、野鳥は少なく
コガラ、シロハラなどが見られたのは嬉しかったのですが、
マヒワ、アトリ、ウソなどには会えませんでした。

法華峰林道の帰り道、カネハラニシキの化石を拾いました。
RIMG8275.jpg

愛川層群と呼ばれるこの地層は1000万年以上前に火山島や海底火山の噴火が
もとになった火山礫や火山灰が堆積したものだそうです。
カネハラニシキは、寒流域の海底に生息した種類で、主に東北地方の地層
から見つかり、丹沢での産出はその南限となっているそうです。

この辺りが海の底だったなんて!

2019/01/18 晴れ 11569歩 7.6k
スポンサーサイト

風景 | コメントする:0
∧top | under∨
<<秋葉山へ | 清川村の自然観察日記 | モズのはやにえ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |