清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

半谷林道 春爛漫

今日の清川自然観察は半谷林道を一周しました。


5年くらい前から有毒植物のマルミノヤマゴボウがシカ(だと思うのですが)に
食べられはじめ最近ではあれほどあったのにめったに見なくなりました。

それと同じ運命になるのか今年初めてナツトウダイが何かに食べられていました。
RIMG3623.jpg
これも有毒植物なのに大丈夫なんだろうか??
切り口から白い汁が出ていました。食べたのはシカ??

風がとても強くシロダモの葉が風に裏返り少し離れて見ると
まるで白い花のようでした。
RIMG3637.jpg

萌黄色になった遠くの山に、白い花?マルバアオダモが咲きだした?
と思って見ているとパタッと消えます。
RIMG3646.jpg
どうやらこれも風にあおられたシロダモのようです。

モノレールがある辺りで空を見上げてみました。
RIMG3644.jpg
ケヤキの若葉と花がとってもきれい。

この辺りは石切場があった所です。
杉林をのぞいていたら切った石を見つけました。
RIMG3641.jpg
クリックして見てください。
右下の方に楔を打った跡がぎっしり、みんなで勝手に「ギョウザ石」と名付けました。

他にも楔の跡が付いた石を何個も発見。
植物も見ながら石も気になる私たちでした。
ヤマビルの季節が終わったら「ギョウザ石」を近くで見る予定。

林道脇のわりと乾いた場所にウラシマソウが群れていました。
RIMG3628.jpg

RIMG3631.jpg
初めて見たNさんは感激だったようです。

花:ウワミズザクラ、ウグイスカグラ、キブシ、ヤマザクラ、ジュウニヒトエ、タチツボスミレ、
  キランソウ、ヒノキ、イタヤカエデ、クロモジ、ヤマルリソウ、オニシバリ、ヤマブキ、
  ミミガタテンナンショウ、ケヤキ、エノキ、イヌシデ、クヌギ、コナラ、ウラシマソウ、
  ナツトウダイ、オオバウマノスズクサ、ニガイチゴ、クサイチゴ
咲きはじめ:シロバナハンショウヅル、マルバアオダモ、
蕾:フジ、エゴノキ、ホオノキ

2018/04/06 曇り強風 6455歩 4.2k
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ピカピカに美しい新緑 | 清川村の自然観察日記 | 今年のミツマタ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |