清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

マツムシソウに来たチョウ

ずっと雨、外に出られないので少し前に庭に来たチョウを見てください。

9月30日の昼過ぎのことです。
庭のマツムシソウに見慣れないチョウが来ていました。
スミナガシやオオムラサキほどの大きさで翅にメタリックな怪しい照りを感じるのが
気になりました。
急いでカメラを持ってきて撮りました。逃げる様子も無く花の蜜を吸っている??
RIMG3083.jpg
近づいても逃げません。
RIMG3090.jpg
唯一ある我が家の40年前の昆虫図鑑にはそれらしいものは載っていません。
ネットで教えてもらえる所に問い合わせてみました。

この、ちょっと謎めく黒っぽい蝶は、ゴマダラチョウやオオムラサキと同じ
タテハチョウ科に属するメスグロヒョウモンのメスです。
ヒョウモンチョウの仲間といえば、オレンジの地色に黒い斑紋が散りばめられた「豹柄」
のイメージですが、この種類は変わっていて、その名のとおりメスは黒い翅をもっています


昆虫のことはほとんど分からないので、今までも来ていたのか、はっきりしません。
このメスが来ていた時きっとメスグロヒョウモンのオスも来ていました。
ヒョウ柄のチョウだなと思いましたが、撮っていません、残念。
1週間ほどしてこの返事が来てから庭を見たのですが、もうどちらもいませんでした。

このマツムシソウの場所にはセセリチョウ、スズメバチ、ハナバチなどの仲間が
たくさんきています。

昨日の晴れ間は家事三昧でどこにも行かず、、、いつか雨が止むかな???

2017/09/30 晴れ
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
<<サクラタデと谷川岳 | 清川村の自然観察日記 | 涸沢カール、上高地の植物>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |