清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

間にあったオオバアサガラ

昨日の清川自然観察は、やっと足の骨折が治ったKさんの希望で
もう一度オオバアサガラを見に行きました。

もう及沢のは終わっているので、「少し歩けば見られて近い所」と言うことで
伊勢沢林道に行きました。

RIMG1837.jpg
今年も見られて良かった!とKさん。私は見てもらえてホッとしました。


これはとっても甘くて美味しい、モミジイチゴ 2.3個いただきました。
RIMG1822.jpg

ウグイスカグラは3個しかなかったので味見は無し。
RIMG1817.jpg

そしてこれは食べてしまったら大変! ドクウツギ
RIMG1861.jpg

ここでもフジキがたくさんあってどの木もたくさんの蕾でした。
RIMG1831.jpg

足のことを考え途中で戻ってきましたが
オオルリ、クロツグミ、センダイムシクイ、ガビチョウ、イカル、
メジロ、アオバト、ウグイスなど鳥たちも賑やかで、ほぼ平坦な楽しい林道歩きでした。


帰りに宮ヶ瀬湖周辺を少し歩きました。

小中沢のモリアオガエルの卵塊はもう褐色になっていて
オタマジャクシは水中に落ちた後のようでした。

ツバメさん、ここ(宮ヶ瀬駐在所)なら絶対安心だね! 
RIMG1807.jpg
(もう巣立ったようで空でした)

他に見た花:ナツノタムラソウ、ウツギ、シラキ、ヤブデマリ、バイカウツギ、サルナシ、
エゴノキ、ホオノキなど

2017/06/09 晴れ 10989歩 7.5k
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ラミーカミキリ | 清川村の自然観察日記 | 白い花の谷>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |