清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

イネの花

数年前からずっと見たかった「イネの花」を今日初めて見ました。
毎年気付けば穂になっていて見そこなっていたのです。

ネットで調べたら穂が出はじめ2.3日後に咲くとのこと。
それも天気の良い午前中の2時間ほどとのこと。

田んぼに到着です。
穂だけと思っていた所に、、、花らしきもの!
RIMG1650.jpg
花は自家受粉のためとっても地味。
RIMG1656.jpg
籾殻になる所が二つに割れ6本の雄しべが飛びだし、花粉を飛ばします。
RIMG1662.jpg
花粉が籾の中に隠れている雌しべの先に付き受粉完了。
その後籾殻は閉じ熟していくそうです。

花粉は黄色なんですね。ミツバチが花粉団子を後ろ足に付け
たくさん飛びまわっていました。

半世紀以上生きてきて初めて見たイネの花、一緒に行った友達と感動!

俳句で「稲の花」は秋の季語

2016/08/23 晴れ
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<イタビカズラの実 | 清川村の自然観察日記 | のぞいてみると>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |