清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

一面の・・・

暑いのとオリンピックで気付けば8月も半ば。

8日に大菩薩嶺に行ってきました。

花の百名山、新花の百名山のはずなのに・・・花が何にもありません!

見られた数少ない花がこれ
RIMG1572.jpg
キク科のコウリンカです。
RIMG1586.jpg
丹沢や箱根方面でたまに見られると嬉しいコウリンカですが、少しだけマルバダケブキが
混ざるもの(ほぼ)一面のコウリンカは暑苦しくてきれいじゃないです。

福ちゃん荘の横にはイケマ
RIMG1557.jpg

介山荘の前にマルバダケブキ
RIMG1563.jpg

後はロッヂ長兵衛に行く途中の林道脇でソバナ、見られた主な花はこれだけ。

シカの食害深刻ですね。
ミヤマホツツジ、リョウブ、マユミなども樹皮を食われています。
鹿柵の中にはマツムシソウ、ツリガネニンジン、シモツケなどが細々見えていましたが、、、、。

ヤナギランが見たくて一緒に行ったKさんはがっかりの様子でした。

2016/08/08






スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<のぞいてみると | 清川村の自然観察日記 | 今倉山から二十六夜山>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |