清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

念ずれば通ず

今日の清川自然観察会は丹沢のある山に行きました。
カラッとしているのでヒルの心配もなさそうで4名で出発。

途中で皆の好きなウメガサソウが咲いていました。
高さは10㎝くらいの小さな梅の花のようで、かがんで見上げます。
RIMG1392.jpg
この山では今までここ一か所でしか見ていません。

ウメガサソウが特に好きなIさんはきっとどこかにあると
同じような環境の所をずっと探しながら歩いていました。

しばらくして「これイナモリソウ?」とIさん。
戻って近くで見ると、いつもは石老山で見ている(更に皆大好きな)イナモリソウでした!
RIMG1401.jpg
ルーペで見ると咲き終わって実になっているようでした。
近くにも数株あり良く見つかったねと驚きました。

帰り道で、行きに見たイナモリソウの近くを皆で見ていたら
今度はUさんが「花咲いてる!」と
RIMG1482.jpg
咲き終わり気味ですが花です。周りに更に数株あり全部では10株前後。
ウメガサソウは見つかりませんでしたが、皆の大好きなイナモリソウが
清川村で見つかって本当に良かったです。
「念ずれば通ず」だなと思った一日でした。
一人では見つからない花も人が増えると見つかるね。

見ごろのイナモリソウは→こちら(2013/5/31石老山にて)
来年見に行けたらいいな!1週間遅かったかな。

2016/06/03 晴れ
スポンサーサイト

山野草 | コメントする:0
∧top | under∨
<<梅雨の中休み | 清川村の自然観察日記 | 法論堂林道の白い花たち>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |