清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

久しぶりの観察会

てんやわんやの毎日で外にも行けず・・・やっと昨日50日ぶりくらいに
鐘ヶ嶽(561m)に行ってきました。

1歳半の孫を年末から預かりお疲れのNさんも一緒でしたが、二人とも
無事に行けて良かったです。

毎年良く咲く植木屋さんの紅梅が見ごろ。
RIMG0001.jpg

その奥に見える採石場
RIMG0007.jpg
双眼鏡で見ると山頂近くにユンボやトラックが見えます。
山一つ無くすんだろうか??

石碑の向こうには江の島が良く見えました。
RIMG0025.jpg

少し手前の雑木林ではエナガ、コゲラ、メジロ、ヤマガラ、シジュウカラの
混群が賑やかに動いていました。

浅間神社到着。
屋根が吹き替えられピカピカでまぶしい本堂です。
RIMG0016.jpg
足場が残っています。まだ途中なんでしょうかね。
山頂や本堂の影にはまだ雪が残っていました。

帰り道、鐘ヶ嶽は初めてのNさんがひょっこり落ちていた「布目瓦」を見っけ!
RIMG0028.jpg
この辺りは修験道の修行が盛んで奈良時代、登山道の途中に社があったとのことです。

布目瓦(ぬのめがわら)
平安時代までの瓦には、裏側に布の目がついている。これは木型から粘土を剥し易く
するために、木型との間に布を挟んだからである。こうした瓦は布目瓦と呼ばれている。
室町時代に入ると布目瓦はしだいになくなっていった。


娘と赤ん坊はまだ我が家にいますが、あと少し。
ぼちぼち外に行こうと思います。

他に見た鳥:ルリビタキ、シロハラ、キジバト、ノスリ、ガビチョウ、ツグミ、ミソサザイ

2015/02/05 快晴
スポンサーサイト

風景 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ギンナンだらけ | 清川村の自然観察日記 | ホッとしました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |