清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

弁天杉 2015

快晴の昨日は3年ぶりに丹沢の「弁天杉」に会いに行きました。
今日は初めて行くTさん、Uさん、2回目のIさん、5回目の私。

林道の途中で見える弁天杉・・・いつみても凛々しいね!
RIMG9535.jpg

歩きはじめて1時間半で到着。         大きさが伝わりますか?
RIMG9492.jpg  RIMG9480.jpg
3年ぶりの対面でしたが、元気さは変わらずで安心しました。
風がひどく冷たいので30分ほどでお別れしました。
初めて会った二人は木の大きさに圧倒され「神」を感じるとの感想。

杉林に落ちていたクロスズメバチ?かと思われる蜂の巣
RIMG9508.jpg
もうハチの姿は見えませんがこの倒れたスギの穴に
巣があったようです。

そしてハチの巣の近くに何か所かあったクマ剥
RIMG9516.jpg
これは新しい感じだけれど古い物も何か所もあった。

ハチの巣を食べたのは誰だろう?クマ?アナグマ?ハチクマ??

林道はまだまだきれいな紅葉が残っていました。
RIMG9542.jpg

丹沢山の北東側山麓を流れる塩水側の支流に弁天沢があり、その沢の
中腹に「弁天杉」がある。この杉は胸高周囲が7メートル以上もあり、約千年
くらいの長い年月を生き抜いてきたと推定されるたいへんみごとな杉である。
  「清川村の名木名石」より


2015/12/04 快晴
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<伸び~る ヤドリギ | 清川村の自然観察日記 | 晩秋の宮ヶ瀬>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |