清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

クルクル・クルミ

3週間前に見たトリノフンダマシがどんなになっているか楽しみに
小雨の中見に行ってみました。
なんと・・・・辺り一面草刈りが済んでしてトリノフンダマシが付いていた
クズは影も形もありませんでした。

もっと早く見に行けば良かったと反省しながら帰ってきたのですが、
小鮎川の堰の下に何かたくさん浮かんでいるのを見つけました。
いつもはペットボトルやトレーなどが浮かんできたないのですが・・・。
RIMG9014.jpg
テニスボールや木片などと一緒になんとたくさんのクルミ(オニグルミ)が浮かんでいます。
RIMG9015.jpg
何日こうしてクルクル渦の中にいるのでしょう。
木片は先が丸くなっているし、クルミも皮がむけて中身だけのが目立ちます。

相模川河口の砂浜にたくさんクルミが集まっているのを見たことが
ありますが、いつか渦から離れ流れて行くんですね。

最近、初めて木に生っているオニグルミを見て「ブドウみたいだね!」 
って驚いた友達がいます。

2015/10/11 小雨後曇り

スポンサーサイト

樹木 | コメントする:2
∧top | under∨
<<ミサゴ | 清川村の自然観察日記 | 休憩中のチョウ>>

この記事のコメント

こんにちは。ご無沙汰しています。

トリノフンダマシ残念でした。卵のう、どうなったか見たかったですね。  草刈りは仕方ないのでしょうがつまらないです。

オニグルミはおもしろい。こうして集まって果肉もちゃんととれてまた流れていくんですね。

アブラチャンも勝手にあんなふうに果肉がむけるとは知りませんでした。なんだか食べてくださいっていう感じですが発芽しやすいんでしょうね。
2015-10-16 Fri 10:18 | URL | k-ta隊員 #NUW2kUT6[ 内容変更] | top↑
k-taさま

お久しぶりです!

偶然に出会うのは大変ですから、
トリノフンダマシは本当に残念でした。

新しい植物誌の標本集めが後1年をきりました。
有るはずなのに見つからない物があったり、
初めての帰化種に出会ってしまったり・・・。

舟沢の k-taさんの家があったすぐ近くで
マルバツユクサがたくさん生えていましたよ。
愛甲石田駅近くの林縁にマルバフジバカマが
群生していたり。

何年たっても新発見があるのは楽しいですね。
それが帰化種であっても。
2015-10-18 Sun 14:36 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |