清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

カネハラニシキ

今日は思っていたより寒くなかったので清川自然観察会は
高取山のシモバシラの予定を変更し経ヶ岳に行きました。
半原越え→法華峰林道→登山口→経ヶ岳山頂→半原越え

法華峰林道は少しだけ紅葉が残っていました。
R0752923.jpg

林道脇にはクサボタンの種が暖かそうに付いています。
R0752931.jpg

落ち葉だらけの林道を進みます。
R0752934.jpg


ちょっと寄り道、この林道で見つかると言う化石(カネハラニシキ)を
探してみました。
崖を見上げて、まさか見つかるなんて思わなかったのですが・・・。
R0752955.jpg

足元に転がっている石をひっくり返したら・・・!
R0752937.jpg

R0752965.jpg

R0752968.jpg

エ!これって貝殻が付いてるの??
R0752946.jpg

愛川層群と呼ばれるこの地層は1000万年以上前に火山島や海底火山の噴火が
もとになった火山礫や火山灰が堆積したものだそうです。
カネハラニシキは、寒流域の海底に生息した種類で、主に東北地方の地層
から見つかり、丹沢での産出はその南限となっているそうです。
昔は今よりずっと寒冷だったのですね。

さてさて化石と遊ぶのはここまでにして山頂を目指しました。
山頂には珍しく人が数人いて驚きました。
先週行った黍殻山や蛭ヶ岳、大山、それから大島が見えていました。
(写真は無しですが・・・)

下山の登山道もすっかり冬支度。
R0752988.jpg

10時に半原越えを出発ゆっくり歩いて1時半に戻りました。
初めて自分で見つけたカネハラニシキの化石、なんかとっても嬉しかったな。

今日もウソを何度も見かけました。今年はウソの当たり年??桜大丈夫?

2014/12/05 晴れ 5.2k 8212歩
 
スポンサーサイト

その他 | コメントする:0
∧top | under∨
<<落ち葉拾い? | 清川村の自然観察日記 | 黍殻山へ②>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |