清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

全身 トゲ、棘、とげ

荒地の隅にナスに良く似た花が咲いてます。

やはり ナス?・・・トゲが多い?

ワルナスビ 写真をクリックすると大きくなります。


鋭いトゲが葉の裏側にまで出ています。

ワルナスビ 写真をクリックすると大きくなります。

北アメリカ原産の帰化植物
ワルナスビ(悪茄子、ナス科) 何てピッタリな名前

根の切れ端だけでも再生するので畑に入り込むと退治が大変だそうです。

でも花だけ見てるとちょっときれい。

ワ~イ バナナだ! 写真をクリックすると大きくなります。

この黄色の所、雄しべの葯(花粉が入っている所)なんですが、
バナナに見えませんか?  近づいて見て初めて知りました。

一株だけ、こんな実がなっていました。(これも初めて見ました!)
熟すと黄色になるそうですが、それまでにきっと退治されますよね。

ワルナスビ 写真をクリックすると大きくなります。

草丈20~50cm 荒地や畑の隅、道端などで時々見かけます。

2008/8/7  晴れ   「清川村の花図鑑」では95頁
スポンサーサイト

身近な草花 | コメントする:0
∧top | under∨
<<続 全身 トゲ、棘、とげ | 清川村の自然観察日記 | 暑くても 涼やかに>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |