清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

台風一過

台風一過 午後から近所に散歩
R0740893.jpg

カラスがカラスザンショウの実を食べていたので撮ったけど逃げられた。
R0740913.jpg
ハシブトガラスでしたが電線に止まり2羽で食べていました。
本当に食べるんだね、カラスはカラスザンショウを。

ハラビロカマキリから出てきたハリガネムシを5.6箇所で見ました。
R0740900.jpg
どのカマキリも車にひかれていました。
ハリガネのように見えるのは死んでしまったハリガネムシ

腹から出ている途中のもいてそれはモゴモゴ動いていました。
R0740909.jpg
少なくともこのハラビロカマキリは3匹のハリガネムシに
寄生されていたんだね。
こんなにたくさんのハラビロカマキリを一度に見たのは初めて、
そしてどれからもハリガネムシが出ていました。


・・・・・・ハリガネムシについて(Wikipediaから)・・・・・・・・・
水中に産卵された卵は孵化し、その幼虫は水と一緒に飲み込まれ水生昆虫に寄生する。その宿主である水生昆虫がカマキリなどの陸上生物に捕食されると、その体内で寄生生活をおくり成虫になる。また、寄生された昆虫は生殖機能を失う。成虫になると何らかの方法で宿主から出て、池や沼、流れの緩やかな川などの水中で自由生活し、交尾・産卵を行う。陸上生物に寄生した場合は水中に脱出する機会に恵まれず陸上でそのまま乾燥してしまうケースも少なくない。乾燥すると外見が錆びた鉄の針金のようになり硬くなるが、水を浴びると元に戻る。

2013/10/16 雨のち晴れ 
スポンサーサイト

いきもの | コメントする:0
∧top | under∨
<<赤い実・黄色の実 | 清川村の自然観察日記 | 良い天気なので>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |