清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

越後湯沢の③

苗場山に行く途中の林道脇に城跡があると書かれていたので
登ってみました。  

R0739581.jpg

城跡の平らな所に小さい赤い実がたくさんありました。
これはツルアリドオシ、草です。
R0739578.jpg
花はかならず2つずつ咲きそれらがくっ付いて1つの実になります。
見には花の痕が並んでいてブタの鼻みたいだね。

ちょっと似ていますがこちらは低木ウスノキ(紅葉が始まっていますね)
R0739587.jpg
これにも赤い実が生っています。果実の先端がくぼみが臼のような形です。
神奈川県では見られずこれも初めて見ました。
R0739602.jpg

荒戸城跡から下るとき何か所もあったツキノワグマの爪跡。
R0739680.jpg

サワフタギの青い実、フウリンウメモドキの赤い実、
葉柄がとっても長いカエデのテツカエデ、葉の形が亀のようなカメバヒキオコシ
などなど、たくさんの面白い物に出会えた越後湯沢でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23日に庭に飛んできた大きなガはやはりヤママユでした。
http://insects.exblog.jp/21136293/

2013/09/27.28 快晴! 
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<はるばるエンシュウハグマ | 清川村の自然観察日記 | 越後湯沢の②>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |