清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

唐沢林道の続き

昨夜茹でてみたものは細いのがフジ、幅の広いのがジャケツイバラです。
右は普通のインゲンです。

予想通りですがどちらもとても食べられません。
2分くらい茹でただけで色が悪くなるし、ジャケツイバラは杉の葉のような臭さ、
フジはやや苦くて独特な臭さ、そして両方とも固い、パシパシ。

R0727010.jpg
もっと熟して種だけにしたら食べられるかな?でも臭いよね。


今年は何でも豊作ですが、唐沢林道もすごいです。
動物たちのおこぼれでいいから少し味見して見たいな。

R0726945.jpg
サンカクヅル、ブドウの仲間です。
熟すと小粒のデラウエアのようでとても美味しです。たくさんありました。

R0726949.jpg
ヤマボウシ、秋になって赤い実がちょっと甘くて美味しいです。

これを食べるのは野鳥??
R0726981.jpg
キハダもたくさんの実がなっています。(クリックしてみてください)

2013/06/28 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<ちょっとそこまで | 清川村の自然観察日記 | カモシカは??>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |