清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

これでもカエデの仲間

今日は雨が降ったり止んだりそして寒いし・・・。

2日前の22日に見た物からです。
県道脇のこの木が数日前から気になっていました。

いつも乗り物で通り過ぎてしまうので今日は歩いて確認に。
R0723722.jpg

ヤナギの花?シデ類の花?そんな感じの物が下がっているのです。
R0723662.jpg

落ちている花を拾って・・・・何の花か分かりますか??
R0723679.jpg
               答えは最後に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰り道にちょっと寄り道した清川村の風景、お茶の新芽まであと一歩だね。
R0723741.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、木になる木ですが、引っ張って確認!ミツデカエデの雄株と分かりました。
R0723684.jpg
今まで見たのは見上げるような木ばかり、これも大木ですが道路の下から出ているので
じっくり見られました。

35年間今まで数え切れないほど通っていたのに初めて気付くなんて!

往復2時間の散歩、イチリンソウやニリンソウやジロボウエンゴサクも
たくさん咲いていて今清川村はきれいな時ですね。

2013/04/22 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:0
∧top | under∨
<<久々の本谷林道 | 清川村の自然観察日記 | 続 富士山周辺>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |