清川村の自然観察日記

散歩の途中で見つけた、ちょっと気になる自然(主に植物)を紹介しています。

熊野古道 ③

熊野古道の続きです。

熊野古道は全長500kもあるそうですが私たちが歩いたのは
中辺路(なかへち)という紀伊半島の先端に近い所(32.4k)です。

コケの付いた木の根や石があってうっかりすると転んでしまいます。
R0719861.jpg

こんな道を歩いていると突然熊野灘が見える峠があったりします。
R0719809.jpg

この先に熊野那智大社がありました。
R0720194.jpg

2日目の朝は夜明け前から海岸を歩きました。(3万歩歩いた翌朝です。足って強いね!)
R0720029.jpg
熊野市鬼ヶ城から見た日の出、奥の島は魔見ヶ島 

気になった植物:とても小さなツツジの仲間、葉の長さが5mmくらい。
神奈川県でいえばハコネコメツツジみたいな・・・。
R0719789.jpg
岩にへばりつくようにあちこち見られました。
図鑑とネットで調べたらウンゼンツツジ(雲仙躑躅、ツツジ科)というものらしい。
小さくてきれいみたい! 春に咲くらしい、見に行きたいね。

2012/12/7~9 晴れ
スポンサーサイト

樹木 | コメントする:2
∧top | under∨
<<シモバシラ・氷の華 | 清川村の自然観察日記 | 熊野古道 ②>>

この記事のコメント

私も20年ほど前に熊野古道を歩きました。
那智の滝や補陀落山寺にも行きました。
人工林ばかりだなと思ったことを覚えていますが、
いろいろと貴重な植物が生えていたのですね。
2012-12-15 Sat 13:43 | URL | 野良こねこ #-[ 内容変更] | top↑
こねこさま

補陀落山寺も行きました。
初めて見る太さのナギの大木がありました。

こちらでは植木屋で買うカクレミノが普通に生えていたり、
ウバメガシも普通にあって興味深い場所でした。

イノシシの掘り跡があちこちで見られました。
2012-12-16 Sun 16:54 | URL | やまぼうし #QjzkEOgs[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 清川村の自然観察日記 |